宇梶剛士の若い頃のブラックエンペラー時代の伝説が凄すぎる!

この記事は約3分で読めます。

 

俳優の宇梶剛士さんは、おそらく芸能界の元ヤンキーと言われる人のなかで、一番のビッグネームです。

その伝説を見ていきましょう。

スポンサーリンク

宇梶剛士の伝説

宇梶剛士さんは芸能界に入る前は、ブラックエンペラーという当時日本最大級の暴走族の総長を務めていました。

宇梶剛士

出典:http://pinky-media.jp/

いわば日本不良界の頂点に君臨していたのが宇梶剛士さんだったのです。

宇梶剛士は身長190センチの巨漢ですが、若い頃から体は大きく、中学一年生の時に、すでに180センチもありました。

宇梶剛士さんの伝説は小学六年生から始まります。

小学六年生の頃から不良では無かったそうですが、やんちゃな男の子だったので、近隣の中学生から目を付けられていました。

ある時、中学一年生23人が宇梶剛士さんをしばくために、呼び出した事があったそうです。

しかし、小学六年生6年生ながら中学生一年生の人達よりもデカイ宇梶剛士さんは、バッサバッサと中学生たちを倒します。

そして、たった1人で23人もの中学生を倒したのです。

ここで、宇梶剛士さんは自分は強いという事を自覚し始めたそうです。

さらに、後に高校時代の「自分より弱い奴に喧嘩をしかけない」というポリシーは、この経験がきっかけに形成されます。

昔の伝説は色々あり、2000人相手に一人で戦ったとか、喧嘩で負けたことはなかった等、一般人からすると、想像もできない伝説をたくさん持っています。

宇梶剛士がブラックエンペラーに入ったきっかけ

宇梶剛士さんは中学時代にプロ野球手を目指す為に野球部に所属していました。身長190センチの恵まれた体で俳優をしていますが、若い頃から誰よりも体は大きく、さらに身体能力も抜群に高かったそうです。

高校時代も毎日野球に明け暮れる日々だったのですが、とある暴力事件を機に、宇梶剛士さんはヤンキーの道に入る事になりました。部活も甲子園出場停止というっ処分を受けてしまい、宇梶剛士さんは自分の居場所を完全に失ってしまった事で、ブラックエンペラーに入る事になったそうです。

よく少年が非行に走るきっかけとして、熱意を込めてしていた事が何かしらのきっかけで破綻してしまった時に、人は不良の道に入ると言われています。

宇梶剛士さんも、同じケースだったのかもしれません。

そしてブラックエンペラーの総長へ

そして、ブラックエンペラーの総長にまで上り詰めました。

身長190cmのガタイは、一般人ではなかなかおらず、喧嘩は無類の強さを誇り、2000人の暴走族の人間たちを束ねる器もあったそうです。

ブラックエンペラー

出典:http://www.blackemperor.jp/

ある時は、敵対する暴走族たち1000人ほどに囲まれるも、腕っぷし一つでその状況を抜けたとも言われています。

特攻隊の服を着た日から、自分がどこまで登りつめる事が出来るのか挑戦したかったそうで、総長の座に就いてからは、どこまでブラックエンペラーの勢力を拡大できるかを、自分の使命としていたそうです。

もちろん、ブラックエンペラーの総長として名前が知られているので、道を歩けば喧嘩を吹っかけてくる奴も多かったそうで、宇梶剛士さんは自分から攻撃を仕掛ける事は無かったそうですが、売られた喧嘩には拳で応じていたようです。

ケンカに勝つと、相手を正座させて説教するクセもありました。

芸能人からみた宇梶剛士

いかがですか?
宇梶剛士さんはエセヤンキーとかではなく、正真正銘頂点を取った男なのです。

元暴走族のヒロミさんも「俺たちのガキの頃からとんでもなく有名だった」と語るほど、宇梶剛士さんがブラックエンペラー時代に与えていた影響力は凄まじいものだと分かります。

2000人の暴走族を束ねる長をやっていただけあって、宇梶剛士さんは芸能界でも、本当に謙虚な方だなぁと感じます。

俳優仲間の間では結構ないじられキャラみたいで、暴走族の名残なのか後輩キャラが得意みたいです。

image

まさに能ある鷹は爪を隠すということわざ通り、本当は芸能界でも屈指の強さがあるのに、全く威張らない所が魅力的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

今注目されている記事

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

詳細はこちら

3 Responses to “宇梶剛士の若い頃のブラックエンペラー時代の伝説が凄すぎる!”

  1. 赤城太郎 より:

    右腕が長い

  2. 元エンペラー より:

    宇梶さんが、三多摩の頭の時集会に参加しました。昭和55年4月末日。支部合流後に多摩湖の駐車所に集合し、全メンバーの前に長身で白の特攻服にパンチパーマの出で立ちで、幹部達の中心に立ち太く大きな声で皆に気合いを入れてました。まさにカリスマ。感激さえした。駐車場の出入り口には、8交機が大挙していた。今、思つても宇梶さんは、1人でもとことん突つぱれる人でした。37年前の事実。

    • 匿名 より:

      拓大行ってた?あっ、デビューでしょ、宇梶より下だけど叫びに写ってる時、○玉君が頭だよね、僕中坊だったけど、あのとき清東だったよね?

コメントを残す