ミニチュアシュナウザーの性格は?子犬から飼う時の選び方と価格相場は?

この記事は約3分で読めます。

スポンサーリンク

 

紳士な見た目と賢さで大人気!ドイツ生まれのミニチュアシュナウザーの魅力をご紹介します!

スポンサーリンク

シュナウザーの特徴

シュナウザーの特徴

ミニチュアシュナウザー(Miniature Schnauzer)とは、ドイツ原産の犬種で、14~15世紀ごろからネズミ駆除や番犬として農家で活躍していました。

特徴は、名前の由来にもなったシュナウザー(ドイツ語で小さいヒゲという意味)です。口周りの毛以外にも四肢や眉毛、頬の毛は長くなります。また、ミニチュアシュナウザーは、シュナウザー犬種3種(ジャイアントシュナウザー、スタンダードシュナウザー、ミニチュアシュナウザー)の中でも一番小さい犬種です。

この3種のもとはスタンダードシュナウザーであり、体高は45~50cm、それを小型にしたミニチュアシュナウザーは体高30~35cm、大型にしたジャイアントシュナウザーは体高60~70cmとなっています。

この三種は特性を変化させずにサイズだけを変えたものとされており、シュナウザーを飼いたい方は運動量や家、庭の広さ、飼い主さんの好みからサイズを選べるという変わった犬種とも言えます。



スポンサーリンク


ミニチュアシュナウザーの性格と飼い方とは?

ミニチュアシュナウザーの性格と飼い方とは?

ミニチュアシュナウザーはとても勇敢で好奇心旺盛、遊びが大好きなので子どもがいる家庭でも安心して飼える犬種と言えるでしょう。飼い主には従順で忠誠心も強いためしつけやすく“人間の脳を持つ犬”と言われるまでの賢さも兼ね備えています。

一方で、誰でもフレンドリーなわけではなく、知らないものや知らない人には吠えてしまうこともあります。番犬には最適なのですが、アパートやマンションなどの集合住宅で飼育する場合は特に、ご近所への配慮と愛犬とのしっかりとした関係づくり、正しい知識に基づいたしつけが必要不可欠です。

幼い頃から多くの人や動物と楽しく遊ぶ機会を設けて社会性を身に付けさせると、新しい人や物事に敏感な性質が少し改善されます。ドッグランやパピークラス(子犬のしつけ教室)などを利用するのも良いかもしれませんね。

ミニチュアシュナウザーの選び方と価格相場、そして楽しみ方

ミニチュアシュナウザーの選び方と価格相場、そして楽しみ方

 

ミニチュアシュナウザーの入手方法は、ブリーダーさんからの購入、ペットショップでの購入、里親制度を利用した譲渡の3つがあります。譲渡を除くとその価格相場は10万~30万円です。そして、ミニチュアシュナウザーを家に迎えた際にぜひお勧めしたいのが、様々なカットスタイルに挑戦してみることです。

シュナウザーの固い毛を利用すると様々なスタイルに変身することができ、一般的なシュナウザーカットや少し丸みを帯びたムックカットなどが一般的です。

シュナウザーカットとは口周りと四肢の毛が長いカットスタイルです。このカットはもっとも一般的で、シュナウザーの特徴をより引き出せるカットなのですが、口周りの毛が長いという事もあり、残念ながら汚れやすいです。

エサを食べるときや水を飲むときには、必ずと言っていいほど口周りに何かついています!食事終わりや寝る前など、口周りの毛をきれいに拭く習慣を作ると良いかもしれません。

シュナウザー種のカットスタイルについては、近年様々なスタイルが新たに作られており、目の上のほんの少しの目だけを長くのばしたまま顔全体を短く刈る“まつ毛カット“、頭のてっぺんの毛だけ残す”モヒカンカット“、足の先端と顔周りの毛を長めに残す”テディベアカット”など犬をより可愛く見せるための工夫が見てとれます。

芸能人の中にも、ミニチュアシュナウザーを飼育してカットスタイルを楽しんでいる方がいるようで、画像を調べると可愛いカットがたくさん出てきます。

個性派カットも含めて、ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す