キャバリアの性格は?子犬から飼う時の選び方と価格相場は?

この記事は約3分で読めます。

 

ふわふわ耳とウェーブの毛が特徴!その上品な姿から貴族にも愛されるキャバリアの魅力をご紹介!

スポンサーリンク

キャバリアの正式名は?人々に愛される理由とその歴史は?

3a

出典:http://breeder.aikenonline.jp/

キャバリアとは、正式名をキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(Cavalier King Charles Spaniel)というイギリス原産の小型の犬種です。

その正式名は、イギリスの王室チャールズ2世がキャバリアをたいへん可愛がったことに由来しており、彼は国務を疎かにするほどこの犬種に夢中になったという説もあります。

もとが愛玩犬であるため人と関わることが好きで、飼育がしやすくおとなしい点が評価されたのかもしれません。

チャールズ2世以外にも、多くのイギリス貴族や裕福な人たちに、何世代にも渡って飼われる人気者だったのです!



スポンサーリンク


キャバリアの性格は?

3b

出典:https://static.pepy.jp/

キャバリアの性格は、優しく穏やかで愛情深いことが大きな特徴として挙げられます。

見知らぬ人ともすぐ仲良くなれる社交性を持ち合わせていること、素直で物覚えも良くしつけがしやすいこと、キャバリアの多くは無駄吠えや噛み癖がないことなどから家庭犬として理想的な犬種であることが分かりますね。

もとが愛玩犬であることから人との関わりが非常に大切なので、屋外での飼育よりも室内で家族と暮らせる環境のほうが好ましいです。

キャバリアの可愛さを引き立てるのは、その性格とやわらかで長い飾り毛に大きな瞳、ふわふわの被毛に覆われた長い垂れ耳でしょう!

サイズも体高31~35cm、体重5~8kgと手ごろな大きさです。

毛色には4種があり、ブレインハム(ホワイトにレッド)、ブラック&タン、トライカラー、ルビーのいずれかに当てはまります。

珍しい毛色によっては値段が高くなることもあります。

キャバリアは、しつけやすさやおとなしさから、犬飼育が初心者の方や他の犬との多頭飼いをしたい方、愛犬との時間をたっぷりとってあげられる方におすすめの犬種と言えます。

反対に、一人暮らしをしている方や留守がちの方、出張が多い方にはおすすめできません。

犬にとって快適でストレスがない環境を準備できないまま飼育してしまうと、思わぬ問題行動にもつながる可能性があるので犬種の特徴はしっかりと理解したうえで飼育を始めましょう。

子犬から飼う時の選び方と価格相場

3c

出典: http://animal-dog.com/

犬種の特徴を理解したうえで、キャバリアとの生活がしたい!と思った方が次に気になるのは、どこで手に入るか?ですよね。

入手方法としては、ブリーダーさんからの購入とペットショップでの購入が一般的です。

ブリーダーさんからの購入の場合は、そのブリーダーさんが親犬の面倒を見たり、出産に立ち会ったり、生まれた頃から子犬たちを見ているので、どのような性格の犬が欲しいのか?子犬にとって、犬種にとってどのような環境が良いのか?など、犬種特有の飼い方を相談できるでしょう。

一方で、ペットショップの場合は、親犬の面倒から見ているわけではありませんが、ブリーダーさんのように犬種に特化しているわけではないので様々な犬種の中から好みの子を選ぶことができます。

ペットショップでの購入のメリットをもう一つあげるならば、飼育のために必要なものほとんどがその場で揃うということです。

ほとんどすべてのペットショップは、犬猫などのペットだけでなく、関連用品もたくさん取り扱っています。

犬を迎えるのと同時に、もしくは飼いたいという相談をしに行ったときに、ケージやペットフード、首輪、リード、ペットシーツ、エサ入れ、水入れなどを揃えられればお買い物も一度で済みます。

店員さんに聞けば、犬種に合ったサイズやおすすめの商品を紹介してくれるのも心強いメリットです。飼育方法の注意点としては、毛の手入れと病気の予防です。

キャバリアは抜け毛が多い品種である上に毛が長いので、2日に一回はブラッシングをしてあげましょう。

運動量が多い犬種ではないので激しい運動は必要ありませんが、1日30分程度は外に出かけて日光浴と気分転換をさせてあげましょう。

また、キャバリアは耳が垂れ耳のために、外耳炎になりやすいです。

こまめに掃除をしてあげて病気を未然に予防してあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事があなたの暇つぶしに少しでも繋がったら拡散お願いします!

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

コメントを残す